本文へ移動

先輩社員の声/製造部 電気課 K.Y

据え付けや点検に訪れた先で、
担当した機械が実際に動いているのを見るとうれしいです。

 
所属:製造部 電気課
K.Y 2019年入社 工業高校卒業

Q1. 北川精機を選んだ理由は何ですか? 実際に働いてきて、どんなところが魅力だと思いますか?

高校では電気関係も学んだけれど、プログラミングや情報系の授業がメインでした。実は僕、海上自衛隊に入隊するつもりだったんですよ。国家公務員で安定しているし、職場体験にも行って本気で目指していたのですが、家族から猛反対され…(笑)。じゃあ一般企業に就職しようとなったとき、求人票を見て興味を持ったのが北川精機でした。「真空プレス」って他にない特殊な技術だし、面白そうだなと思ったんです。

北川精機の魅力は、一つは気持ちを楽に過ごせるところ。先輩たちが優しくて、若い社員も多いので気兼ねなく話ができて、業務の質問もしやすいんです。それからもう一つは、社内にトレーニングジムがあるところ! ほぼ毎日、会社帰りに寄って1時間ほど汗を流しています。ベンチプレスや腹筋ローラー、エアロバイクなどマシンも充実していますね。卓球台もありますよ。

Q2. 今までで一番印象に残っている仕事は何ですか?

出張の仕事はどれも印象的です。大阪、千葉、長野…と出張先は全国さまざま、そして電子部品、繊維、建材などお客さまの業種もさまざま。いろんなところに行けるのが面白いですし、据え付けや点検に訪れた先で、自分が配線工事や試運転を担当した機械が実際に動いているのを見るとうれしいです。一度の出張がだいたい3日~2週間くらいで、僕はまだ経験がないのですが、1カ月ほど長期滞在する場合もあります。来年からは中国など海外出張にも行く予定です。

Q3. 仕事の楽しさ、やりがいはどんなところですか?

いちばんやりがいを感じるのが、試運転です。「ちゃんと動くかな?」と不安になりながら自分の手で配線して、稼働させることができると「よかった!動いた」と安心するし、ものづくりをしている実感がわきます。

電気課の仕事内容は、まず完成した製品の配線工事と試運転。それからお客さまのもとに伺ってその機械を据え付け、操作などの説明をします。製品の大きさや一緒に使用する機器などによって配線の数は変わりますし、そもそもオーダーメイド品を手掛ける会社なので、製品ごとの細かな違いに対応しなければなりません。図面と照らし合わせ、工具を使い分けながら、何度も調整していきます。まだまだ初めてのことだらけですが、自分でやり方を考えながら作業することを心掛けています。トラブルが起きたときもまずは自分で原因を探り、図面と配線が異なっていないかをしっかり確認。それでも分からない時は上司や先輩に相談して、解決するようにしています。


Q4. 休みの日はどんな過ごし方をしていますか?

物心ついたときからソフトテニスをやっています。社会人になってからは父親が作った地元クラブチームに所属して、毎週水・土曜日の夜に練習し、週末は大会に出場することも。大きい大会で写真撮影をしたり生配信をしたりと広報を頑張っています。有給を使って試合に出ることもありますが、北川精機は有給取得にとても積極的なので、仕事とテニスが両立できています。会社に併設されたジムで体づくりができるのも、スポーツをしている僕にとってはメリットですね。

K.Yさんの一日

7:40
出社
8:00
朝礼
8:10
作業開始
12:00
昼食
12:45
作業再開
16:45
終業
17:00
社内のジムで筋トレをして汗を流す
TOPへ戻る