本文へ移動

先輩社員の声/財務部 経理課 C.S

計画通りに仕事が進んだとき、
数字がきちんと合ったときは「楽しい!」と思います。
 
所属:財務部 経理課
C.S 2020年入社 経済学部卒業

Q1. 北川精機を選んだ理由は何ですか? 実際に働いてきて、どんなところが魅力だと思いますか?

大学在学中に簿記2級を取得していたこともあり、事務関係の仕事に就きたいなと思って広島県内で事務職を募集している企業を探していました。そこで地元・府中にある北川精機の会社説明会に行ったとき、職場の雰囲気が自分に合っていそうだなと思ったんです。社員さんたちが優しそうで、自分のペースで仕事ができそうな空気を感じて。それが決め手です。

実際に入社してからも、説明会で感じた印象の通りでした。上司や先輩方はみなさん優しくて、業務中に分からないことがあっても質問しやすい。同じ経理課に同期がいるのも心強いですね。もちろんさまざまな締め切りはありますが、自分のペースで仕事を進めることができています。不明点をすぐに解決できる環境に加えて、業務量も無理のないよう采配してもらえているので、残業するのも決算処理の時期くらい。ほぼ毎日、定時で上がれるところが魅力です。それから有給も取りやすいですね。

Q2. 今までで一番印象に残っている仕事は何ですか?

65期の決算処理でしょうか。入社から1年が経ち、戦力になれたのが嬉しかったです。決算業務は上場企業ならではの難しさがあり、最近も海外売上の会計方針に関する変更があったので、対応できるよう勉強中です。他に難しいなと思うのは、税金関係の仕事。表を作成するときに悩んでしまいます。自分でも「聞きすぎ!」と思うくらい、周囲の方々に質問していますね(笑)。でも、それで嫌な顔をされたことはなくて、いつも丁寧に教えてくださいます。そのため、自分の理解も早まります。

Q3. 仕事の楽しさ、やりがいはどんなところですか?

計画通りに仕事が進んだとき、また数字がきちんと合ったときは「楽しい!」と思います。大学では経済の歴史を専攻して大手企業の成長や不況の乗り越え方など、理数系とはあまり関係ない分野を学んでいたんですが、昔から算数や数学が好きなんです。必ず明確な答えがあって、数字がピシッと合致するとスッキリするので(笑)。出張費の精算、現金管理、預金管理、振込処理、月末・決算の締め処理など、経理の業務は多岐に渡りますが、数字を見ることが好きな自分には向いているなと感じます。

私が心掛けているのは、確認を怠らないこと。「ここはさすがにミスしないだろう」という初歩的な部分まで、思い込みで進めないよう必ずチェックします。今後はさらなるスキルアップを目指し、簿記1級の取得に向けて勉強したいです。それから先日、倉庫の掃除をしていたら、経理システムがまだ導入されていなかった頃の紙の資料がたくさん出てきて。今はそれらをデータ化できないか検討しています。

Q4. 休みの日はどんな過ごし方をしていますか?

休日や帰宅後は、お菓子を作ったり、イラストを描いたりして過ごしています。お菓子づくりは大学時代にハマりました。あまり凝ったものは作りませんが、クッキーやパウンドケーキをよく焼きます。お菓子って材料の分量をキッチリ量ったらちゃんと美味しくできるので、そこが性に合っているんですよね。

C.Sさんの一日

7:40
出社
8:00
朝礼・ミーティング
8:15
業務開始(請求書の発行、伝票の整理等)
12:00
昼休憩
12:45
業務開始
16:00
預金・現金の確認、仕訳
16:45
業務終了
TOPへ戻る