本文へ移動

400℃高温対応 真空プレス装置

製品紹介

高温対応PCB成形用真空プレス装置

  • 独自の加熱冷却ユニットを使用することにより、サーモオイル循環方式にてMAX410℃対応が可能です。
  • 高温で長期間連続使用しても劣化の少ないサーモオイルを使用しています。
  • 熱板温度ムラを最小限に抑え、冷却時の温度コントロールも可能です。
  • 断熱性に配慮し、熱伝導及び熱歪み対策を行うことにより、長期にわたり安定した品質の製品成形が可能です。  
プレス出力
59kN~1,960kN
(6ton~200ton)
熱板寸法
750 x 750 x 40mm
熱板間隔
80mm
段数
5段
最高使用温度
410℃
加熱方式
熱媒油循環加熱
到達真空度
1.3kPa(10torr)

熱可塑性樹脂シート成形⽤真空プレス装置

  • プレス機構だけでなく、予熱ヒーターと搬送機構も真空チャンバー内にコンパクトに格納【特許出願中】
  • 予熱からプレス成形まで⼀連の⼯程を真空(減圧)雰囲気下で処理することが可能
プレス出力
49kN~1,180kN
(5ton~120ton)
熱板寸法
550 x 550mm
段数
単段
最高使用温度
400℃
加熱方式
電気ヒーター加熱(熱板部)
遠赤ヒーター加熱(予熱部)
到達真空度
2.6kPa(20torr)
試作・評価試験
当社工場に設置のプレス装置・ラミネータ装置を使用して、
真空下での加熱・加圧工程による試作・評価試験を実施できます。
装置性能や成形プロセスの評価・検証の他、
新製品開発のための試作成形にご活用ください。

プレス評価試験
TOPへ戻る