本文へ移動

納入事例

納入事例002:山梨県北杜市 株式会社ケミトックス様(ソーラーパネル製造用ラミネータ装置)

お客様の紹介 株式会社ケミトックス様
株式会社ケミトックス様は「世界に通用する Independent Testing Laboratory を日本にも作ろう」というロマンのもと、1975年9月に設立されました。第三者の試験機関として社会から求められる信頼性のある試験ラボとして活動されております。
両面加熱ができるソーラーパネル製造用ラミネータ装置を探されていました。
株式会社ケミトックス様では、顧客需要がある評価用1セルモジュールからフルサイズモジュールの作製を行うために、ラミネータ装置を探しておられました。また、両面ガラスタイプや特殊な材料などに対応可能なラミネータ装置も必要とされていました。
当社大小2台のラミネータ装置をご購入され、運用されています。
評価いただいたポイント1:両面加熱方式
両面ガラスや特殊材料など、昇温が困難な部材に対して、従来ラミネータ装置の下面加熱でなく、上下両面加熱を採用することで、部材の昇温が早く、短時間での部材加熱が可能となりました。
評価いただいたポイント2:オイル循環加熱方式による均一な温度分布
オイル循環加熱方式を採用することで、1,000mm x 2,000mmの大判サイズ熱板表面の温度を均一にすることで、部材への加熱に対して、温度ムラなく加熱することが可能であり、高品質なモジュール作成が可能となりました。
装置の仕様
(1)研究開発用ラミネータ装置(小型)
熱板寸法:600mm x 600mm
有効範囲:500mm x 500mm
最高使用温度:180℃
到達真空度:0.2kPa
加熱方式:電気ヒータ加熱

(2)研究開発用ラミネータ装置(大型)
熱板寸法:1,250mm x 2,250mm
有効範囲:1,000mm x 2,000mm
最高使用温度:180℃
到達真空度:0.13kPa
加熱方式:熱媒油循環加熱
(1)研究開発用ラミネータ装置(小型)
(2)研究開発用ラミネータ装置(大型)
お客様の情報
お客様ホームページ:http://www.chemitox.co.jp

太陽電池モジュール、モジュールの各種材料の評価は下記へお問い合わせください。

株式会社ケミトックス様
問い合わせ先:
TEL:03-3727-7111
本製品に関するお問い合わせ
北川精機株式会社
営業部 担当:占部
T E L: 0847-40-1203



TOPへ戻る