IR・決算情報

ディスクロージャー・ポリシーDisclosure Policy

情報開示の基本方針

当社は、株主・投資家の皆様に適時・正確かつ公平な情報を提供するため、諸法令及び東京証券取引所の定める適時開示に関する規定(以下「適時開示規則」という)に従い、当社グループに関する重要な情報を、迅速に継続して開示します。 また、当社グループをご理解していただくために有用と思われる情報についても、積極的に公平に開示します。

情報開示の方法

当社は、適時開示規則に該当する情報については、東京証券取引所が提供している「適時開示情報伝達システム(TDnet)」によって開示を行った後、当社ホームページにおいても速やかに掲載します。また、フェア・ディスクロージャー・ルールに基づく開示についても、同様に行います。 なお、その他の情報も、当社ホームページへの掲載等により、公平かつ広範に当該情報が伝達されるよう努めます。

情報開示をお断りする場合

当社では、競争優位上あるいは守秘義務契約上、特定の情報に関するお問い合わせにお答えできない場合があります。

沈黙期間の設定

当社は、ステークホルダーの皆様への公平性を確保するため、通期及び各四半期決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、決算・業績見通しに関する一切のコメントを差し控えることとします。ただし、公表している業績予想と大きく乖離する見込がこの沈黙期間中に生じた場合には、適時開示規則に従い情報を開示します。

インサイダー取引の未然防止

当社は、インサイダー取引を未然に防止するため、内部情報の適切な管理及び株式の売買などについて遵守すべき事項を社内規程に定め、社員へ周知徹底しております。

将来の見通しについて

当社が開示する当期及び将来の業績に関する予想・計画等は、開示時点において入手可能な情報からの判断に基づき作成したものであります。これらの将来予測には、リスクや不確定要素などの要因が含まれているため、実際の業績とは大きく異なる可能性があります。